各種ことをする多種プランを見た

ミッドナイトにやっていた多種企画を見ました。こういう多種企画は、各種未知の世界のことをやっていた多種企画でした。最初は、お知らせについてでした。昔のお知らせを有する方が出ていました。次は、ゾロ目についてやっていました。いろんなところにゾロ眼があるんだなと思いました。次は、四つ葉のクローバーについてやっていました。四つ葉のクローバーを4万媒体くらい見つけたことがある方が出ていました。ひっきりなしに四つ葉のクローバーを見つけていました。次は、数億円の香料についてやっていました。数億円の香料を見つけ出しに、ベトナムにロケに行っていたそうです。これは、また別のお日様にTVなるそうなので楽しみです。次は、やりきれない鳥獣についてやっていました。やりきれない鳥獣は、トカゲだそうです。あとは、コククジラなどもかなしい鳥獣だそうです。次は、デコチャリについてやっていました。デコチャリは、はじめて見ました。他にも各種ことをやっていました。

各種ことをする多種プランを見た

カラオケチェーン店は東と西でこんなにちがう!?

“ジャンカラ”という単語を聞いた事がある人は何人いるでしょう?

ジャンカラとは、ジャンボカラオケ広場というカラオケチェーン店です。主に関西中心にあるカラオケ店で、ずっと関西住みの私は、カラオケといえばジャンカラ!と思いみんな知っているものだと思っていたのですが…
東京へ遠征するようになって間もない頃に友人と遊ぶと、なんと東京にはジャンカラがないし、友人も知らないと言うのです。(ジャンカラのキャラクターと似たキャラクターはいたんですけどね)
更に、カラオケ館、カラオケ歌広場、歌うんだ村、等…聴いたことのないチェーン店がたくさんあり驚きました。
また、カラオケの鉄人というお店は1部屋に全機種+αの機種があり、そんな時代が来たのか…なんて驚きました。そして何故関西にないの…と思いました。羨ましいです切実に。

今はもう他カラオケ店もとても活用させてもらってますが、カラオケ店だけでもこんなに東と西で違いがあるなんてすごいですよね。

カラオケチェーン店は東と西でこんなにちがう!?

それを就業に人の事を考えながらのシーンカード依頼

スーパーマーケットの目印カードを新規に作りあげる。本当は更に注目なかったけどもしや私の働いてる事でも扱うかもしれないし、注文した時期レジの中年が出しませんかと言うのでよしと言って見る。でも昼間は作りあげるヤツたくさんいて並んでまで仕立てるのはめんどいと思ったけれど、深夜で誰もいなかったので作り上げる。しかし今度は誰もいなくてフォローカウンターに要るお業者のヤツにどうすればいいか音声引っ掛ける。請求はスマホに持ってるカードナンバーとプライバシーを打ち込む。スマホのときのカラーが道楽の悪いカラーだった(あとで考えたらスーパーマーケット推しのカラーだった系)のでやっすいアンドロイド使ってると思ったらiPadでした。それに専用の請求アプリケーションが入っていてそれを起動する。渡された目印カードのナンバーを登録(お業者のヤツがやった)姓名、エリア、電話を入力する。考えてみたら電話まで取り除けるかと思った。あ、残りメアドも。論文はあいうえおが出てるのでそれから選択するの、ジジババ向けに記入楽。無論フリックとかない。みたいだろうな。それで請求終了。ふむふむ、そんなふうに考えてみたら強い簡単に申し込みできた。請求アプリケーションだけで簡単にできみたい。そんな事知ってたらわざとお業者のヤツ叫ぶ入用なかったな。しかし今までは要請ペーパーに書き込んでお業者のヤツに渡し、その知識を文字化、データベース化って基調だけどその文字化をスタジアムで客席にやらせどの知識を集めてデータベース化の基調。しかし文字化を必須にしてるヤツには迷惑な内容ですな、そういった時代に今日なっているのかとほんのり考えてしまった。

それを就業に人の事を考えながらのシーンカード依頼