伊勢丹は都会っ子の百貨店という感覚でした

自分が物心ついたときに、知った、都内は、原宿の竹の子族というキーワードだ。おメークアップをして、江戸の元禄のようですよね。今は、代々木公園程は、どのようになっているのでしょうか。昔は、パリのバンセンヌの森でしたっけ、そんな感じtだったのではないでしょうか。
ちょっぴり、といっても、20時代周囲、新宿にも立ち寄ることがありませんでした。新宿駅舎の西口は、今のあの通りでしょうか。
結婚する前は、小田急も京王も、渋谷の東急も西武も、109、30ずも銀座の三越も、阪急も西武も、プランタンも、松屋も、松坂屋も、池袋の西武も東武も、年がら年中出かけていました。ずいぶん、買いもをしていましたよ。ここまでしているのに、買わない背景もないのですが、買い出ししたので、土壌直感もあります。
それでも、プランタンも西武も阪急もなくなってしまったといいますから、銀座の最近を見てみたいだ。
新宿は伊勢丹が、都市っ子のスーパーという感じで出向くのに懸念しました。

伊勢丹は都会っ子の百貨店という感覚でした