植物を育てるときは水のやりすぎに気をつけて

ガーデニングを始めようと意気込んでみたものの、うまく植物が育たず枯れてしまった…という経験のある方は多いと思います。
水やりも毎日してお世話していたのに、という方、お水のやり方が間違っているかもしれません。
基本的に植物の水やりは土の表面が乾いてから与えるのがいいのですが、土に水分がたくさん含まれている状態でさらに水やりをしてしまうと、根っこが痛んで腐ってしまう、根腐れをしてしまうこともあります。
そうなると、せっかく水やりをしていても植物は栄養を吸い上げることができずに枯れてしまうのです。
水苔で育つ食虫植物などは別ですが、園芸用の栽培用土で育てる植物は水やりのしすぎに気をつけてあげたいです。
ですが、夏の暑い時期には土が乾きやすい日もあるので、気温が高い時期にはお水が足りているかみてあげるようにしたいです。
冬場や気温が低い時期には、2?3日置いていても元気に育つ場合もありますが、暑い時期には1日で土が乾いてしまうこともよくあるので、気をつけたいです。
土の状態を見て、水やりをしてあげるようにしましょう。

植物を育てるときは水のやりすぎに気をつけて