予想を放り出す事例。先々への苦しみを手放す事例。

断捨離、ときめき片づけ、ガラクタクリアリングは、過去と片をつけて、行く先を見守る仕打ち。
今という日にちで、過去と片を塗りつけることだと言う。教義の仕様は全員同じだ。
過去と片を附ける、かあ。働いてた内の従来。ニートだった内の従来。派遣だった内の従来。
どれも捨てられなくて、困ってる。
でもこれでも思い切り捨てた者なんだけどね。
働いてた内の過去は、とうに家財と着物以外残っていない。
ニートだった内の過去は、オール少ない着物だったので捨てた。
派遣だった内の過去は、先、片付けた。
埃が人一倍です。なぜこんなにもよけいな宅配ばかりしてたのだろう。
でも昨今、蓄えも920万円あるし、まあいいか。
ムダなものを徹底捨てても、やっていける筈。
でも、いずれが不安なんだよなあ。
行く先が不安で貯金して仕舞うっていう人情、極める気がする。
でも、その危惧を手放さないことには、座敷は片付かないし、行く先も開けないとおもう。
だから、綺麗にするんだ。座敷を。

予想を放り出す事例。先々への苦しみを手放す事例。