栃木県日光市が世界に誇る匠の技と伝統工芸技術

世界遺産のある観光地としても有名な栃木県日光市には、職人が受け継いだ様々な匠の技が、色あせることなく生き続けています。

日光市の伝統工芸品が世界最大規模の家具見本市に出品されたことはご存知でしょうか。
国内最大規模で行われたデザイン展で、日光市の職人2名が共同制作した工芸品が高評価を受けたことで、家具見本市への出展が認められたそうです。
その工芸品は、引き出しに葛飾北斎の「北斎漫画」の絵を題材にした彫を施した作品で、日光市の伝統工芸である「日光彫」による作品です。
日光彫は栃木県の誇る伝統工芸の1つです。

また、日光市の世界遺産の一つである朱色の橋は、「日本3大奇橋」の一つでもあります。
現在は記念撮影スポットになっており、「縁結び」のご利益があると言われ、思いを寄せ合う若い男女が桟橋を渡る姿をよく目にします。

大きな建築物から小さな工芸品まで、さすが栃木県は「ものづくり県」と自負するだけの伝統技術を具えていますね。http://www.shahzadaresults.org/

栃木県日光市が世界に誇る匠の技と伝統工芸技術